読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ないものは、つくりだす。

海をこよなく愛する離島初心者が綴る、離島で感じるあれこれ。時々、ものづくり。

離島初心者。だからこその視点で離島にまつわることを綴ります。 時々アクセサリー作りなんかも、ちまちまと。

なんとなく、生きづらいってこと。

って、ふと思うことありませんか?

 

はたから見たら、全然普通(らしい)。

私もそうです。

贅沢できるわけではないけれど、食べられるだけのお金を稼ぎ

毎日、どうにかこうにか生きています。

 

 

「人生は楽しいことよりも、つらいことの方が多い」

と、よく聞きます。

実際に私もそう思ってたりします。

 

だけど、これは感じ方や考え方の問題で

「楽しいことを増やして、つらいことを減らしていけるんでは?」

と、恥ずかしながらソコソコいい大人になって、段々と思えるようになってきました。

 

生きていれば、誰でも絶対壁にぶち当たる。

その時に、どんな方法をもって壁をよじ登るか。

 

最初は人の力を借りてもいいと思います。

私も、大分緩和されてきたとはいえ、相談に乗ってもらうことは今もあります。

 

ちょっとずつ、ひとりで、できるようになればいい。

年齢とか、周りができているからとか、比べなくていい。

だって、一人として全く同じ境遇で生きてきていないのだから。

 

「自分が変わっていきたい」

そう思えるなら、すこしずつ変わっていけばいい。

で、私も努力しつつ、なんとなく生きています。

 

 

なんで、こんな文章を突然書こうと思ったかというと、

「色々考えすぎて疲れたから」

おそらく、二十年近くは悩んでいるのではないだろうか 笑

 

世の中に出回っている、メンタル系に関するブログとか動画とか

自分で分かりやすいものを調べたり

認知行動療法やストレスとの付き合い方など

自己啓発関連の本も、読めるだけ読みました。

仕事のことで究極に落ちた時は、心療内科も受診しました。

おかげで、色々な考え方や行動を知ることができ、自分のためになったと思っています。

 

でも時々くる、ぐらつき。

これはまだ、一生懸命に戦っている最中です。

 

ただ、よく考えたら

誰しも落ち込んだり、悩んだり、の感情の揺れは絶対あって

そんな素振りを見せないようにしているだけなのだ。

このぐらつきを、うまく処理してあげれば、きっと大丈夫。

 

 

落ち込むときって、明らかに視野が狭まっているから

そんな自分を浮上させるための「知恵や考え方引き出し」を持っている方が

安心できるのではないかなーというのが、私の今の考えです。

 

 

たまたま読んだ人の、ちょっとイイコトになればいいかなと思い、

たまに思ったことも書こうと思います。

 

今日は久しぶりにアニメーション映画をみてこようと思います。

koenokatachi-movie.com