読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ないものは、つくりだす。

海をこよなく愛する離島初心者が綴る、離島で感じるあれこれ。時々、ものづくり。

離島初心者。だからこその視点で離島にまつわることを綴ります。 時々アクセサリー作りなんかも、ちまちまと。

不便を楽しむ旅。 その9

f:id:chiffonista168:20160502221032j:plain

 

===================

10/31 波照間島 3日目。

am 6:45

===================

 

「朝のニシ浜をみたい」

今日の朝1便で波照間を出るワタシは、朝の海の景色を見たくて早起き。

1人自転車をこいでいました。

 

朝日がのぼる少し前。

ぽてっとした曇り空で、とてもとても風の強い朝。

雲がどんどんちぎれて、何かに引っ張られるみたいに流れてゆく。

f:id:chiffonista168:20160502221455j:plain

島の上下水道を管理している建物の坂を降りたら、ニシ浜はもうすぐ。

 

風の抵抗と戦いながら、ひとこぎ、ひとこぎ。

ペダルに乗せた足へ全体重を託して、自転車の車輪を、ぐるりとまわす。

ぐるり、ぐるり、ぐるり。

その繰り返しをひたすらに、続ける。

数十分前に起きたばかりなのに。

ワタシの好奇心は、体から普段見せてくれない力を呼び起こしてくれる。

 

細胞が、わくわく、している。

単純だなぁ、ワタシ 笑

 

f:id:chiffonista168:20160502221755j:plain

 

f:id:chiffonista168:20160502221801j:plain

ニシ浜の側には白やぎさんや黒牛さんが、のんびりといます。

人間のことなんて、まったくおかまいなし。

マイペースをくずさない、そんなところが、またのどかで愛らしかったです。

f:id:chiffonista168:20160502222641j:plain

ブレーキをかけつつ、最後の坂をくだって砂浜へ。

f:id:chiffonista168:20160502222934j:plain

f:id:chiffonista168:20160502222942j:plain

だぁれもいない、日本で一番南の海岸。

今日は波が高くて、風も強くて。

昨日ほど透き通った水の色では無かった。

 

「待ちわびた坂道を通り抜け、ひとやすみ。空を見上げて」

 

久しぶりにちょっとだけ、大声で歌ってみる。

なんか歌いたくなった。

ちょっとだけ開放的になれた。

そんな気がしました◎

 

小一時間くらい貝拾いとかお散歩をして、ニシ浜にお別れ。

 

・・・・最後の自転車、激こぎです 笑

 

 

離島の船の当日の運行状況は、

島によりますが色んな方法でお知らせされます。

村の中で放送があるところもあれば、ネットで調べるなど様々。

うりずん家さんでは、朝ご飯をいただいている時にお父さんが教えてくれます。

 

朝から風の強かった今日。

1便は運行が決定したけれど、2便は出るかすら不明。

(ちなみに波の高さが3メートルを超えると、出航は厳しくなるそう)

ワタシは1便で出ることに元々していたけれど、

もう1人の友達は当初2便で出て西表島へ向かう予定にしていました。

が、西表までの直通便も怪しくなってきているようで、

一度石垣まで1便で戻り、西表を目指す旅程へと変更。

この臨機応変が旅だなぁって思います^^:

 

お母さんにお世話になったお礼を言ってお支払いをしたら、

宿の名入りのミニライトをくれました☆

これは旅に役立つので、すごくありがたかった!

 

 

港まで送ってもらって、ずらっと並んだ旅人の後に続いて1便の列に並ぶ。

初島に来たときに、

「どんな気持ちで波照間を離れるんだろう」って思っていた答えは

『また戻ってきたい』でした。

 

 

その後、石垣までの船旅はというと・・・・。

 

マリンアトラクションさながらの大揺れ!

波が高くて、通常1時間かからない乗船時間を大幅にオーバーする

1時間半の船旅ときたもんです^^;

でも、その揺れでうとうとしてしまうワタシ・・・・。

どこまで順応してるんだか・・・笑。

 

ゆったり自分のペースを取り戻せた波照間。

本当に濃厚な時間を過ごせた島でした!

何度も訪れる人が多いのも納得◎

ぜひ次も行きたいと思います^^